近年増してきた勤怠管理の必要性

category01

ここ数年、勤怠管理の必要性が増しています。



以前からサービス残業や過労死の問題が浮上し、ブラック企業の存在も指摘されていたものの、あまり本腰を入れるようなことにはなりませんでした。
しかし、あまりにも続く一方、働き方改革というものを政府が始めたことで、勤怠管理の必要性がここにきて出てきました。
過労死やサービス残業を減らすには、どれだけの時間にわたって残業をしたのかを知っておく必要があります。これだけの時間残業をしているというのがわかれば、それを減らす努力を経営者はしていくことができます。


では、その時間をどのように知るかですが、タイムカードでも十分効果がありますが、これだと社員が早めに押したり、あえて忘れたりして本当の勤務時間がわからず、勤怠管理が完全にはできないことがあります。

goo ニュースの情報をご提供しています。

そのため、タイムカード以外での勤怠管理をしていくことが求められます。最近はICカードタイプの勤怠管理のやり方が有力です。



ICカードを使って入室などを管理し、出社時間、退社時間を記録することができます。

また、この際に監視カメラなどを活用することで改ざんや悪用などを防ぐこともでき、正確な勤務時間を割り出すことができます。
会社が社員の働き方を管理するのは当然であり、過労死やサービス残業を防ぎ、社会的な信用を損なわないようにすること、働きやすい環境であることをアピールし、社会的な評価を勝ち取ることが求められているのです。

技術の特徴

category02

勤怠管理という言葉は今企業においてキーワードになっています。従業員の勤務の状況を確認するために必要なことで、適正に働くことができているか法令に違反していないか確認するためにも必要なものです。...

subpage

サポート情報

category02

会社や店舗で働いている人の給料の基本となるのは何日働いたか、何時間働いたかという日と時間となります。これは給料計算するためだけでなく、勤怠管理にも必要となってきます。...

subpage

納得の情報

category03

従業員に賃金を支払うときや労働時間を把握する場合、そのための道具を用意することが求められます。さらに、従業員の数だけ労働時間を把握することになるので、相応の仕事が求められます。...

subpage

これからの技術

category04

企業にとって欠かすことができない、勤怠管理には様々な方法があり、企業の実情に応じ適切な方法を選ぶことが必要です。まず、勤務時間等を出勤や退勤、休憩の時に、紙の出勤簿に時刻を書き入れて管理する方法があります。...

subpage