従来のiPhoneでは機種変更をしてから連絡先やメッセージアプリの履歴などの大切なデータの引き継ぎを行うためには、オンラインストレージのiCloudやパソコンのハードディスクへあらかじめバックアップを保存しておき、初期設定の際に復元するという方法が一般的でした。

しかしその方法では煩雑な手間がかかるのに加えて、特に大容量になるほどバックアップファイルの管理もユーザーにとって大きな負担となっていました。



そのような機種変更時に生じる問題を解決するためにiOS11以降では「クイックスタート」が搭載されました。



具体的な手順は、まず古いiPhoneをiOS11にアップデートしてからSIMカードを新しいiPhoneXに挿入して電源を入れます。
すると「こんにちは」の画面の後で「クイックスタート」の画面が表示され利用可能な状態となります。ここで「手動で設定」をタップすれば従来の方法でセットアップを行う事も可能です。



新しいiPhoneXに「クイックスタート」の画面が表示されている状態で古いiPhoneを近付けると「新しいiPhoneを設定」という画面が表示されるので「続ける」をタップすれば自動的に古いiPhoneのデータが新しいiPhoneXへと転送されます。


転送が終わると「ほかのiPhoneのパスコードを入力」という画面に切り替わるので、古いiPhoneで利用していたパスコードを入力すればiPhoneXのアクティベートが開始されます。

このようにiPhoneXおよびiOS11では従来の方法と比較して機種変更時のデータの引き継ぎが遥かに簡単になり、ユーザーの利便性の面でも大きな進化を遂げています。