勤怠管理に必要な機能

勤怠管理という言葉は今企業においてキーワードになっています。



従業員の勤務の状況を確認するために必要なことで、適正に働くことができているか法令に違反していないか確認するためにも必要なものです。

勤怠というのは会社や店舗に出勤した時間と退勤する時間を記録することで、その日出勤したという実績と時間数を計算することができるようになります。

法令に違反していないか確認するためには基準となす時間数が必要となります。労働基準法においては1日8時間、週40時間ということで、その時間を超えた場合は残業時間ということで法令に定められた手当を支払う必要があります。勤怠管理にはタイムレコーダーや計算を行う仕組みが必要です。

タイムレコーダーというのは時間を記録する装置のことで、出勤時間や退勤時間を記録します。

最近はICカードやスマートフォンなどを使用したものもあり、外出時でもインターネットを使用して時間を記録するという方法もあります。

勤怠を計算するためには勤怠管理システムといった機能が必要です。
タイムレコーダーで記録した出勤時間と退勤時間より実働時間を計算します。

YOMIURI ONLINE情報に対応した情報サイトです。

実働時間を計算すると残業時間も確認しなければなりません。



勤怠管理システムがあれば出勤日数、実働時間、残業時間も計算することができるようになるため毎日の勤務を確認することができます。
勤怠管理に必要な内容を確認して、法令に違反していないか確認して改善することができます。