勤怠管理の方法について

企業にとって欠かすことができない、勤怠管理には様々な方法があり、企業の実情に応じ適切な方法を選ぶことが必要です。
まず、勤務時間等を出勤や退勤、休憩の時に、紙の出勤簿に時刻を書き入れて管理する方法があります。


事務担当者が従業員全員の出勤簿を月に1度回収し、そのデータをエクセルなどに入力して勤務時間の集計を行います。

この方法では、紙と筆記具があれば導入できるため、コストがかからないという特徴があり、特別な機器や装置は不必要なので、どこの企業でもすぐに取り入れることが可能です。

ただし、毎月の集計を手作業で行うため、集計に時間がかかったり、集計ミスが起きることが考えられます。



その他勤怠管理には、出勤や退勤、休憩の際に、打刻機にタイムカードを差し込んで時刻を印字して管理するという方法もあります。
事務担当者が月に1度タイムカードを回収して、エクセルなどに打刻されたデータを入力して勤務時間の集計を行います。

この場合は、出勤や退勤の時刻等を手で記入する必要がなく、実労働時間を分刻みで管理することができます。


しかし、打刻機の導入に費用がかかりますし、出勤や退勤の時間に打刻が集中してしまうという点が課題になります。

日本経済新聞情報なら、こちらをご参考にしてください。

それから勤怠管理には、クラウド型の管理システムで勤務時間の管理を行うという方法もあります。この場合は、パソコンやスマートフォンなどの画面上のボタンをクリックして打刻し、データはクラウド上に記録されて、リアルタイムで自動的に集計が行われます。この方法でも、実労働時間を分刻みで管理することできますし、瞬時に勤怠状況の把握が可能となり、在宅勤務などにも対応可能で、多様な働き方ができるようになります。