早く正確な勤怠管理を目指す

会社や店舗で働いている人の給料の基本となるのは何日働いたか、何時間働いたかという日と時間となります。

これは給料計算するためだけでなく、勤怠管理にも必要となってきます。

勤怠管理というのは従業員ごとに雇用の形態があります。
例えば社員やパートといったことです。



社員の場合は基本となる日数と時間数があり、その日数と時間数通りなのか確認しなければなりません。日数や時間数が多いと休日出勤や残業ということになり、手当を払わなければなりません。


パートといった時給者の場合は特に時間数となりますが、1日8時間、週40時間をこえると残業ということになります。

また契約通りの勤務内容か確認も必要となってきます。

朝日新聞デジタルがとても人気であることがわかります。

勤怠はタイムレコーダーなどで記録して集める方法が一般的ですが、最近はタイムレコーダーも機能的になり、指紋認証といった生体認証ができ、なにも持たずに出勤、退勤の記録ができます。

ほかにインターネットなどを利用した方法もあります。
インターネットを利用した場合は、従業員がどこにいても勤務の開始と終了を記録することができます。

こういった機能を利用することで早く正確に勤怠を集めることができるため、その勤怠より勤務日数や時間数を計算していつでも確認することができるようにすることで、勤怠管理ができるようになります。

早く勤怠を確認できれば会社として勤怠管理ができることになり、正確であればその勤怠を給料計算に使用することもできるため作業効率もよくなります。